オフィス・トゥー・ワン

お問い合わせはこちら
ページトップへ
最新情報
過去のニュースを見る
1/31(水)21:00~ニコニコ生放送<日本生命プレゼンツ>クリエイターの声明 ゲスト出演

Web

2018/01/18

【 藤林 聖子 】  1/31(水)21:00~ニコニコ生放送<日本生命プレゼンツ>クリエイターの声明 ゲスト出演

ニコニコ生放送<日本生命プレゼンツ>クリエイターの声明 に
作詞家藤林聖子がゲスト出演いたします。
是非ご覧ください。

開場: 1/31 20:50 
開演: 1/31 21:00 
終了予定: 1/31 22:00
http://live2.nicovideo.jp/watch/lv309091244
http://live2.nicovideo.jp/watch/lv309091244
1/21(日)11:59~TOKYOMX「激論!サンデーCROSS」出演

テレビ

2018/01/18

【 古谷 経衡 】  1/21(日)11:59~TOKYOMX「激論!サンデーCROSS」出演

古谷経衡が、1月21日(日)11:59~13:25
TOKYOMX「激論!サンデーCROSS」に出演いたします。

激論CROSSのテーマは「揺れる日韓合意 日本はどうすべきか(仮)」です。
ぜひご覧ください。

<番組概要>
WEB上に拡散、書き込まれた1週間分のニューストピックスを最新のマーケティングツールで分析。
口コミ総数をランキング化した「ニュースワード・クチコミランキング」の1週間分を総まとめや、1週間分のTwitter(視聴者の意見)の中から気になる意見をピックアップするなど、1週間の総まとめをするコーナーを企画。
さらに、番組の人気企画である「オピニオンCROSS」をさらにパワーアップさせた「激論CROSS」では、論客たちが各々「みんなと話したいニュース」を持ち寄り、堀さん・その他論客ゲスト・Twitterの意見を交え大激論します。
http://s.mxtv.jp/variety/sunday_cross/
1/17(水)21:00~ フジテレビ「良かれと思って!」出演

テレビ

2018/01/16

【 古瀬 絵理 】  1/17(水)21:00~ フジテレビ「良かれと思って!」出演

古瀬絵理が、1月17日(水)21:00~
フジテレビ「良かれと思って!スペシャル」に出演いたします。
是非ご覧ください!

<放送内容>
今回の2時間スペシャルは〈女性芸能人50人!業界の裏側暴露スペシャル!〉と題し、「ずっと胸にしまっていたことをぶちまけてすっきりしたい!」という女性芸能人に、暴露できる場を良かれと思って提供する!お金、恋愛、業界のタブーなど、さまざまなジャンルの皆さんにガツンと打ち明けてもらいまして、最終的にどの暴露が一番すごかったかをMC4人がジャッジ。選ばれた人には金一封が贈呈される。MCのバカリズム、劇団ひとり、澤部佑、カズレーザーの4人が“良かれと思って”ゲストの方々に言わせていただくことで起こる化学反応は、まさに予測不能!息つく間もないノンストップおせっかいバラエティー『良かれと思って!』2時間スペシャルを、ぜひお楽しみください!
http://www.fujitv.co.jp/yokare/
トピックス

ドラマ「ザ・ブラックカンパニー」ドラマ化決定!!

  • ライブ
  • 2018年2月放送予定

ドラマ「ザ・ブラックカンパニー」ドラマ化決定!!

江上 剛

江上剛 著書『ザ・ブラックカンパニー』が、ドラマ化されます。
CSフジテレビTWOにて2018年2月放送予定
工藤阿須加さん初主演ドラマ!
アルバイト先のコンビニが閉店し、路頭に迷ったフリーターが偶然立ち寄ったハンバーガー店の社長にスカウトされ、軽い気持ちで入社。
長時間労働やパワハラに戸惑いながらも人間的に成長する痛快お仕事エンターテインメントドラマ!

http://otn.fujitv.co.jp/black-company/

日本を蝕む「極論」の正体

  • 書籍
  • 2018/1/16

(新潮新書)

日本を蝕む「極論」の正体

古谷 経衡

なぜ極端な人が増えているのか


極論を目にすることが増えた。
政界、教育現場、論壇、職場、メディア……
あらゆる場所で左右も保革も関係なく、ちょっと冷静になれば明らかに変だとわかることを声高に主張し、他人を糾弾する「極端な人たち」が目立つ。
それはかつての連合赤軍やオウム真理教を想起させる存在だ。
「バブル賛歌」「TPP亡国論」「地方消滅」「憲法九条無殺生論」等々、はびこる極論の奇怪さを嗤い、その背景を考察する

序 章  電子時代の囚人たち
極論に群がる人々/閉鎖的な集団が極論を生む/世界革命という幻想/
ハルマゲドンという極論/殺しあう市民/電子時代の疑似監獄

第1章 「教育現場」の極論――組体操と二分の一成人式 
閉ざされた教育空間/藤子不二雄Aが描いた学校の暴力性/組体操の重圧/
マスゲームを望むのは誰か/「二分の一成人式」という奇習/『サザエさん』的世界観/
第三者の不在が非常識を生む/大麻を自慢する教師/豹変する問題教師たち/
いじめ問題の解決法

第2章 「日本共産党」の極論――内部留保は本当に存在するのか
謎の政党/極論の訴求力/「九条の会」を訪ねて/
憲法九条無殺生論/忘れられた共産党の良心/輸出戻り税のウソ/
架空の税/内部留保批判のウソ/バードウォッチングで逮捕という極論/
『ドカベン』発禁説/身内のための論理

第3章 「TPP亡国論」という極論――トランプがすべてを吹き飛ばした
右翼も左翼もTPP嫌い/経済右翼の主張/ネット右翼の支持/
韓国は中国の属国ではないという事実/韓国は救うべき対象か/あいりん地区の光景/
『TPP亡国論』のヒット/アメリカの陰謀のはずが……/異形の「TPP反対決起集会/
会員制の論壇/トランプ大統領が黙らせた/ネット左翼・三宅洋平の主張/
三宅選対で観た光景

第4章 「バブル賛歌」という極論――リアル半沢たちの悪しきノスタルジー
豪華絢爛な時代/リアル半沢直樹たちの昔話/バブル賛歌への懐疑/
バブル期の食卓/貧しい日本の貧しい住宅/憲法違反の住宅水準/
蓮舫の優雅なバブル生活/マイカー保有率は上昇し続けている/増加する海外旅行/
マスコミ人種の勘違い/競争なき時代の特権階級/悪質なノスタルジー/
貧困はいつもある

第5章 「地方消滅」という極論――夕張はずっと衰えていた
一〇年で二五〇万人の減少/秋田県の消滅可能性/「意識高い系」のアピール材料/
人口減少は日本だけではない/労働力としての子供/フランスの成功もやはり移民が支えている/
人口減少は昔からの問題/誰も誘拐されていない/ほんとうの夕張の姿を知っていますか/
夕張は日本の未来図ではない/廃れる地方は廃れるべき

第6章 「プレミアムフライデー」という極論――土日休みは常識ではない
土日も祝日も関係ない生活/半ドンの復活/本気で賛同しているのか/
空回りの根本原因/実施率二・八パーセント/インパクを憶えていますか/
官の無力と民の実力

第7章 「日本会議黒幕説」という極論――原稿料はクオカード
右派は儲かるのか/日本会議という黒幕/私の靖国参拝/
白髪の会議/光り輝く頭皮/フィクサーKからのクオカード/
「保守派」の台所事情/陰謀論に誘導する本/開かれた日本会議

第8章 「男系・女系」という極論――小林よしのりとゆかいな仲間たち
『戦争論』の衝撃/小林のスタンス/小林への罵詈雑言/
男系と女系で対立/理屈の上では男系だが/生前退位のご意向/
退位に反対する人たち/「保守論壇」の論理/小林の極論/
筆者も登場/民進党の裏切り/「ゴー宣」の論理/
不倫は罪か

終 章 二一世紀のインパール  
七三年後のインパール/感覚を重視せよ/だから私は嫌われる/
冷笑の価値
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4106107511/

 「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす

  • 書籍
  • 2017年12月10日(日)発売

イースト新書

「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす

古谷 経衡

12/10(日)に、古谷経衡の新刊『「道徳自警団」がニッポンを滅ぼす』が発売されます。
(イースト新書、古谷経衡・著、定価861円+税)

本書は、テレビ・ラジオやインターネット番組で人気の気鋭の若手評論家が、文春砲、不倫狩り、自主規制など、世の中を息苦しくさせる、インターネットやマスメディアによる「バッシング」について、その背景を分析した一冊です。

ネット社会が生み出した現代のクレーマーである「道徳自警団」。法律ではなく、道徳的であるか否かでものごとを裁き、テレビ局やラジオ局はもとよりスポンサー企業、雑誌社、ニュースサイトの編集部、市役所や町村役場、著名人や政治家、はては無名の個人にまで電凸、メール、FAX攻撃が容赦なく浴びせる。現在ではそれに恐れをなした有名人が発言を自粛。これこそ現在の日本の「息苦しさ」の正体そのものではないか。本書では具体例をもとに、このやっかいな現代のクレーマーとどう対峙するかの道筋を提示する。

■目次
プロローグ 成長なきデフレ時代の申し子「道徳自警団」とは何か
第一章 なぜネット上の「魔女狩り」が止まらないのか
第二章 なぜ「不倫」報道ばかりに熱狂するのか
第三章 なぜアイドルに「恋愛禁止」を求めるのか
第四章 なぜ「巨悪」より「不謹慎」を憎むのか
第五章 なぜ「高い道徳性」が求められるのか
エピローグ 〈彼ら〉を消滅させる「たったひとつの方法」

ぜひご一読ください。
https://www.amazon.co.jp/dp/4781650953

MUSE Christmas Presents アンフォゲッタブル・コンサートvol.15

  • ライブ
  • 2017年12月23日(土) 17:15開場 18:00開演 (9/10 チケット一般発売開始)

所沢市民文化センター ミューズ マーキーホール

MUSE Christmas Presents アンフォゲッタブル・コンサートvol.15

奥田 弦

MUSE Christmas Presents
「アンフォゲッタブル・コンサートvol.15」
奥田弦 出演決定!!

ミューズだけでしか見られない特別なセッション!贅沢な一夜を・・・

<開催概要>

【日時】
2017年12月23日(土)
17:15開場 18:00開演

【会場】
所沢市民文化センター ミューズ マーキーホール
(〒359-0042 埼玉県所沢市並木1-9-1)

【出演】
国府弘子スペシャルトリオ 国府弘子(ピアノ)八尋洋一(ベース)岩瀬立飛(ドラム)
ゲスト:手嶌葵(ボーカル)、奥田弦(ピアノ)

【チケット】
S席 5,000円 A席 4,000円
※9/10(日) 一般発売開始

※未就学児のご入場はご遠慮下さい。
※託児サービスがございます(有料・要予約)
→申込先:イベント託児・㈱マザーズ
 0120-788-222(月~金 10:00~17:00)
 託児料 0歳児2,000円 1歳児以上1,500円

【お問合せ】
ミューズチケットカウンター
■営業時間 10:00~19:00
■電話番号 04-2998-7777
http://www.muse-tokorozawa.or.jp/ticket/

阿久悠プロジェクト 未発表詞新曲続々リリース決定

  • CD

BOYS AND MEN『友ありて・・』・山本彩『愛せよ』・LEGEND『希望』

阿久悠プロジェクト 未発表詞新曲続々リリース決定

阿久 悠

阿久悠未発表詞プロジェクト
阿久悠の未発表詞新曲が続々とリリース予定
没後10年作詞家50年生誕80年阿久悠メモリアルイヤーに時代、世代を超えたコラボレーションが実現!

■10月4日リリース
山本彩 ×水野良樹(作曲)
『愛せよ』 アルバム「identity」 収録
HP:http://yamamotosayaka.jp/

■10月10日配信
BOYS AND MEN × 都倉俊一(作曲)
『友ありて・・』
HP 及び『友ありて・・』リリックビデオ
https://boysandmen.jp/

■10月11日リリース
LEGEND ×千住明(作曲)
『希望』 アルバム「東京の合唱」 収録
HP:https://www.opera-legend.com/

もっと見る

タレント・音楽家・作家・応募はこちら

オフィス・トゥー・ワンでは才能あふれる新しい人材を随時募集しています。

応募はこちら